子供がほしい人々へ希望が見える日本へ

【資金調達のためにも経営理念は必要!】

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

わたくしごとですが、本日第二子の出生届出してきました〜令和6年6月6日!666!
 
それはさておき、先日の日経新聞にて不妊治療の件数推移と全体件数に対しての割合のイラストがありました。
 
不妊治療が保険適応された影響で国民の方々にはリーズナブルに不妊治療にリーチできるのは良い機会かでしょうか。
 
俯瞰的にみると不妊治療が増加してる要因は①出生率低下②晩婚化③初産年齢の高齢化もあるかもしれません。
 
世界的にみると日本の初産年齢はtop3ですしね。
 
私は最近20歳代の方とお話しする機会がありましたが現状の生活でいっぱいで未来のことを描けない方が多くいらっしゃる印象です。
 
年齢に関係なく、自分がしたい事をできる環境が整っている日本になれば良いですね☺️
 

参考:日本経済新聞他

お問い合わせはこちら

    初回無料相談はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA